おうちごはん 別府冷麺 萬天楼

新型コロナウイルスが猛威を奮っております

早く治まって欲しいものです

そのためには外出を極力控えるのが一番なのでしょうね

いつも外食!外食!また外食!という生活でしたが

さすがに半分以下に減らしました

ゼロにするのが理想なのでしょうが

ストレス的なことで自分には無理なので

買い出しのついでにお客さんが少ないタイミングを狙ってお店に行ったり風通しを良くしているお店を利用したりしています

そのうちそういったお店やテイクアウトのお店を紹介する予定です


今回はおうちごはん

地元の百貨店 鶴屋の系列のスーパーマーケット フーディワンで見つけたこちら

別府冷麺 萬天楼


大好きな別府冷麺ですが熊本では食べられるお店が無いんですよね

ということで売ってあるとつい手が伸びちゃう


でも別府冷麺ってまだまだ全国的には有名とは言い難いのでご存じない方のためにリンクを貼っておきますね

Wikipedia別府冷麺https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%88%A5%E5%BA%9C%E5%86%B7%E9%BA%BA

では作り始めます

まず箱の中身は

麺 スープの素 コチュジャンが2つずつ

沸騰したお湯に麺を

投入!4分半ほど茹でて

ざるに上げ冷水でしっかり締めます


茹でている間にスープの準備

丼にスープの素とコチュジャンを入れて

氷入りの冷水で溶きます

麺を入れたら出来上がり
でもこれだけだとちょっと寂しいので

市販のキムチ 直前に作ったゆで卵 自作のチャーシューを用意


本来だとキムチはキャベツキムチ チャーシューは馬チャーシューが乗るのですがどちらもあまり売られていないのでこれで我慢


馬チャーシューは作ろうと思えば出来るのですがコストがかかり過ぎて・・・(;´▽`A“

最近暇なので頻繁にチャーシューを自作しています

今回はヒレ肉を使用

塊だとあまり美味しそうに見えませんが(汗)まあまあの出来

ヒレ肉だと柔らかいのが良いのですが味的には豚バラが好みですね

ちなみにロースで作ったらぱっさぱさなのが出来ました(大汗)

完成!


まず麺ですが コシがやや弱いです


お店で食べるともっともっちもちです

というか「硬い」「ゴム食べてるみたい」と言う方がいるくらい弾力があります

これが美味しいんです(決して悪口ではありませんのであしからず)

お店では注文を受けてから専用の製麺機で製麺しそのまま茹でます

やはりこの作り方でないとあのコシは出ないのかな?

あとは材料にそば粉が使われていないのもあるのかも


次は(というかもうこれしかないけど)スープですが

鰹出汁が効いて美味しいですね

盛岡冷麺などと違ってスープに酸味はありません

キムチから溶け出た酸味はありますけど強いものではないので飲み干せます

総評としては別府冷麺と思って食べるとちょっと物足りなさを感じるがそこを意識しなければなかなか美味しい食べ物 と言ったところでしょうか


コロナが治まったらまた別府に食べに行きたいと思います


ごちそうさまでした

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です